中国・インド・東南アジアの医療機器ビジネス参入に特化したコンサルティング会社
フィリピンでの医療機器製品登録・認証 |バイオメディカルジャパン株式会社

フィリピンにおける医療機器市場の機会

フィッチ・ソリューションズの報告によると、フィリピンの医療機器市場は2024年末までに年間成長率(CAGR)ベースで8.8%増加し、8億8,430万米ドルに到達する見込みです。フィリピンは医療機器を輸入に大きく依存しており、現地生産品は手術用手袋、注射器、針などのプロトタイプユニットや使い捨て製品に限られています。

フィリピンの医療機器市場は価格に敏感な成長段階にあり、人口増加、高齢者人口の増加、着実な経済成長、病院の拡大と質の向上など、需要に影響を与える主要な要因となっています。

同国の医療機器市場は、電気医療機器、画像機器、放射線装置、透析装置、線型加速器など、高付加価値で少量生産の製品の輸入にほぼ完全に依存しています。医療機器の約100%、医用ディスポーザブル製品の約50%が輸入品現地生産は、付属品、予備部品(カスタマイズされた部品を含む)、外科用手袋、注射器、針などのディスポーザブルに限定されます。

FDAデータベースによれば、フィリピンには2020年末時点で14,443台の医療機器とIVDが登録されています。

フィリピン 医療機器市場

フィリピンの薬事規制当局および医療機器に関する法律

医療機器およびIVDは、保健省の規制機関である食品医薬品局(FDA)によって規制されており、RA No. 9711で定義されている健康製品は、安全性と有効性及び品質の確保が義務付けられています。

フィリピンの医療機器に関する主な包括的な法律は、共和国法代9711号ですが、2021年以降、新しい法律が導入されることにご留意ください。

フィリピンの医療制度

フィリピンの医療制度は、公的セクターと民間セクターで構成される二重保健システムです。公的部門は主に税ベースの予算制度を通じて資金を調達しており、保健サービスは国や地方自治体が運営する政府施設によって提供されます。営利目的および非営利の医療提供者で構成される民間部門は、主に市場志向型であり、医療は一般的にサービス提供時に受益者負担で支払われます。

フィリピンの2019年の総医療費(THE)は186億米ドルで、前年度に対して10.9%上昇しています。

フィリピンの一般経済人口統計

Statistaによると、2020年時点のフィリピンの人口は1億9500万人で、ベトナムをわずかに上回り、インドネシアに次ぐASEAN第2位の人口大国です。IndexMundiによると、2020年の65歳以上の人々は人口の約4.86%を占め、2025年までに7.7%に上昇すると予想されています。

フィリピンの健康プロファイルは、伝染性疾患(主要な公衆衛生介入を必要とする)と非伝染性疾患(高価な治療および慢性ケア介入を必要とする)からなる疾患の二重負担を特徴とする明確な疫学的および人口統計学的移行を示しています。このシナリオは、国の健康プロファイルが「ハイブリッド」または先進国と発展途上国の両方で見つかった健康状況の組み合わせであることを示しています。

フィリピン 医療機器 成長率

サハラ以南のアフリカと同様、フィリピンの多くの地域は飢餓や感染症の排除に苦しんでおり、同時に先進国が経験した非伝染性疾病(NCD)と絶えず闘っています。したがって、同国の健康状態は、感染性および非伝染性疾患の岐路に立っていると言えます。

2016年から2018年の死亡率の主因は、同期間の非伝染性疾病の主要因である高血圧を伴う急性呼吸器感染症(ARTI)でした。

国際通貨基金(IMF)によると、国内総生産(GDP)の成長率は2021年に7.4%、2025年には6.5%になると予測されています。

フィリピンの失業率はここ数年間、約2〜4%で推移していましたが、ムーディーズの統計によると、2020年第4四半期はCOVID-19パンデミックの影響を反映し、8.3%を記録しました。


NMPA
(旧CFDA)への医療機器承認申請
サポート

詳細はこちら

SSL グローバルサインのサイトシール