中国・東南アジアの医療機器ビジネス参入に特化したコンサルティング会社
カンボジアでの医療機器製品登録・認証 |バイオメディカルジャパン株式会社

カンボジアにおける医療機器市場の機会

カンボジアの医療機器市場は現在も成長中で、2015年~2020年の間に規模にして二倍に膨れ上がっています。

しかし同国では現地生産が困難なため、医療機器製品の多くを輸入に依存しています。

有効なデータによれば、2008年~2018年の10年間で、医療機器の輸入は57%、医療用X線装置に至っては162%の成長を見せています。

加えて、政府は最近になって公立病院に供給する医療機器を購入するためのファンドを創設しました。本政府戦略は、公共セクターと高級私立病院との格差を減らすためのものです。この目的に向け、体外診断機器と医療用撮像装置に焦点を合わせた公開入札が複数発表されています。

カンボジア 医療機器市場

カンボジアの薬事規制当局および医療機器に関する法律

医療機器は、カンボジア保健省(Ministry of Health)下の医薬品食品化粧品局(DDF)が、2012年に可決された省令(Prakas No. 1258)により管理・規制しています。

カンボジアの医療制度

カンボジアの医療部門には、非営利と営利の両方のビジネスモデルを持つ公立および私立の病院が含まれます。公共部門はほとんどの予防サービスと入院治療を提供しますが、民間部門の施設は外来診療を提供する傾向があります。

2017年、カンボジア市場は一般医療に約11億米ドルを費やしました。カンボジア保健省は、医薬品、医療用品、医療機器の国内最大の購入者です。

業界団体

  1. カンボジア医療技術協会(Association of Medical Technology Cambodia)
  2. カンボジア放射線学会(Cambodian Association of Radiology)

カンボジアの一般経済人口統計

最新の国連データに基づくWorldometerの説明によると、カンボジアの現在の人口は、2022年8月11日現在、17,205,513人です。

カンボジア人口は世界で71位にランク入りしています。カンボジアの人口密度は1平方キロメートルあたり95人(1平方マイルあたり245人)で、人口の24.2%(2020年は4,050,459人)が都市部に住んでいます。年齢の中央値は25.6歳です。

カンボジアは、農村部における健康状態、幼児期の発達、初等教育の改善において大きな進歩を果たし、平均寿命では58歳(2000年)から70歳(2020年)まで延ばすことに成功しています。

アジア開発銀行によれば、カンボジアのGDP成長率は2022年に5.3%、2023年に6.5%を記録しました。


中国NMPA
への医療機器承認申請
サポート

詳細はこちら

SSL グローバルサインのサイトシール