事業内容

知的財産権で参入障壁を築くポイント

当該技術が使用される場面を想定して権利取得することが有効

例えば、分析機器に関する技術の場合、分析機器に関する権利(分析機器メーカーを対象)と、分析方法に関する権利(臨床検査会社を対象)を取得することにより、分析機器メーカーと臨床検査会社の両方へのライセンス等が可能となります。

お問い合わせ

事業に貢献する知財戦略の提案、知的財産(特許等)の申請・取得および実用化のサポートに戻る

関連サービス

SSL グローバルサインのサイトシール

SSLとは?

お問い合わせ

お問い合わせ