事業内容

知的財産権で参入障壁を築くポイント

自社の主力製品以外の同様の役割を果たす製品についても権利を取得

ここでは特許権を例に説明します。

 

特許権は新規で従来技術より進歩した発明(技術的思想の創作)、即ち新しく優れた技術に対して付与されます。

ここで、技術とはある特定の問題を解決するための手段です。参入障壁を築き、他社の市場への参入を防止するためには、当該特定の問題を解決できる全ての技術に対して特許権を有していることが好ましいです。

例えば、「暑い夏を涼しく過ごす」という課題に対しては、例えば扇風機、すだれ、うちわ等の種々の解決手段が存在します。自社の製品が例えば扇風機であった場合に、すだれやうちわに関する技術についても特許権を有している場合、他社はすだれやうちわを用いての市場参入ができなくなるため、自社のみで「暑い夏を涼しく過ごす」ための商品市場を独占できることになります。

知財
課題:暑い夏を涼しく過ごす

お問い合わせはこちら

事業に貢献する知財戦略の提案、知的財産(特許等)の申請・取得および実用化のサポートに戻る

関連サービス