中国・インド・東南アジアの医療機器ビジネス参入に特化したコンサルティング会社
コンサルタント紹介 |バイオメディカルジャパン株式会社

医療機器分野において豊富な経験持つコンサルタント陣

ヘルスケア業界での営業、マーケティング、事業開発の経験を豊富に持つ弊社のコンサルタントは、ライフサイエンス分野、特に医療機器分野における卓越した専門性を最大限に利用し、日本、中国、インド、東南アジア、オーストラリアをはじめとした、アジア・オセアニア市場の医療ビジネスにおけるユニークな視点や深い洞察力でクライアント企業をサポートします。弊社のコンサルタントの多くは、日本、イギリス、アメリカ、カナダ、スウェーデン、ドイツ、シンガポール、マレーシア、中国、インド等、アジア太平洋地域各国の国際企業の上級管理職を歴任したベテランです。医療業界経験30年を超えるシニア・コンサルタントも多数在籍しております。

医療機器コンサルタント

ヘルスケア業界での営業、マーケティング、事業開発の経験を有する弊社コンサルタントは、グローバルな医療ビジネスにおける卓越した専門性を持っています。

さらに、弊社の戦略的業界ネットワークや、弁護士、司法書士、弁理士、社会保険労務士および中小企業診断士等、グループ内の各分野の専門家を駆使し、中国・アジア太平洋市場における、ユニークな視点や深い洞察力で御社をサポート致します。

本ページでご紹介しているのは、アジア太平洋地域を舞台に活躍するバイオメディカルグループのコンサルタントのほんの一部です。

お問い合わせ

フィリップ・ユェー
シニア・アソシエイト(中国上海市)
医療機器の中国代理店紹介および中国NMPA(旧CFDA)への製品登録およびその他の各種申請サポートの専門家。近年では日本企業の中国進出サポート案件を数多く手がける。
医療機器業界において25年以上の経験を持ち、営業、マーケティング分野で様々な上級管理職を歴任。北京、上海、広州を拠点とし、中国の医療業界に30年以上携わっている。
1987年以降、ヒューレット・パッカード・メディカル・プロダクツ・グループ(現在はフィリップス・メディカル社の一部門)の中国拠点に長年に渡り勤務。90年代後半、Siemens Medical China Operations社の営業・マーケティング統括マネジャーとして、シーメンスメディカル社の全国の営業・販売インフラの構築において重要な役割を果たす。
2001年、シーメンスメディカル社のアジア太平洋地域担当マーケティング・ディレクターとしてシンガポールに渡る。中国には2年後に帰国し、超音波製造会社であるソノサイト社の中国担当マネジャーを務める。現在は、北京、上海、成都および西安に事業所を持つ自らが共同設立に携わった医療機器販売会社の代表者を務めている。
浙江大学(中国)の医用生体工学学士号を取得。英語、標準中国語を流暢に話す。

トップに戻る

熊野欣
シニア・コンサルタント (東京)
インターベンショナルカーディオロジー事業統括
医療機器業界、特に循環器インターベンション領域において30年以上の営業、マーケティング業務の経験を持つ。
外資系企業で冠動脈ステントや経皮的冠動脈拡張用バルーンカテーテルなど心血管治療用製品の国内市場導入、中長期販売戦略立案、ブランディング、シンポジウム企画や海外ワークショップ等の業務に携わる。
2014年5月よりバイオメディカルジャパングループに参画。

トップに戻る

米川 裕之
シニア・コンサルタント (東京)
専門領域1:臨床検査装置と光学デバイス。
幼少のころから生き物が大好きで、オリンパスに入社後、HIV-1やガンの遺伝子検査と免疫検査、蛍光顕微鏡システムと血液型分析装置などの要素技術の研究・開発を担当すると共に、米国やオランダのベンチャー企業との共同研究開発と輸血領域に関する国家PJを担当。また、研究・開発業務と並行して米国子会社への駐在と、分析機事業に関する特許リエゾン兼務。
専門領域2: 医療機器の前臨床試験と薬事、品質管理。
超音波処置具と高周波処置具の前臨床試験を担当、ウサギを用いた急性期、および慢性期試験を主査。また内視鏡、処置具などの薬事申請と、QMSへの適合、特にISO13485に基づく医療機器の品質管理の豊富な経験を持つ。

トップに戻る

ウー・ジアンフア
シニア・コンサルタント (北京)
元政府NMPA(旧CFDA)レビュアー 医療機器薬事戦略専門家
医療機器のレギュラトリー・プロフェッショナル
元中国政府の役人で、NMPA(旧CFDA)の部門であるCMDE(Center for Medical Device Evaluation)にて審査官として6年間勤務経験を持つ。
現在、チームには他に3名の主要メンバーがおり、全員がCMDEの元審査官であり、現在もCFDAとの太い人脈を持つ。彼のチームはMedis、デンカ生研、栄研化学、テルモ、DWL等において数百に及ぶ製品の認証の獲得に成功している。中国現地の医療機器事情に精通し、診療報酬プロセスも熟知している。
中国における市場参入戦略評価の際の一次調査活動のサポートなども提供可能。

提供可能な業務範囲の一例

トップに戻る

都築博康
シニア・コンサルタント
医療機器市場調査統括(東京)
バイオメディカルグループ中国事業本部長。日本のヘルスケア産業における営業・マーケティングの役職で35年以上の経歴を持つ。2005年にバイオメディカルジャパン・グループに加わり、それ以降、幾多の複雑な医療機器の市場参入および市場調査プロジェクトを成功に導く。
ビー・ブラウン・ジャパンの営業部長としてのキャリアも持ち、麻酔器分野における同社の日本市場での確かな存在感を確立する。
ビー・ブラウンに勤務する以前は、マリンクロット ジャパン株式会社(現タイコ ヘルスケア ジャパン株式会社)の営業部長、また日本の医療用具メーカーのリーダー、テルモ株式会社においても長年のキャリアを持ち、広範な医用ディスポーザブル製品の営業職を経験する。幸和薬品工業株式会社の医薬情報担当者としてキャリアをスタート。

トップに戻る

西真一(中小企業診断士)
コンサルタント(東京)
IT及び土木工学のバックグラウンドを持つ中小企業診断士・経営コンサルタント。バイオメディカルグループ知財経営支援室長。2011年10月よりバイオメディカルグループに参画。複雑なプロジェクトであってもロジカルで冷静なアプローチでチームをリードしていく事を強みとする。
医療関連分野では、大手製薬企業の顧客情報共有化システム、プロパー情報共有、成功事例抽出・最適情報提供システム(SFA)提案、シリンジRFID管理システム設計・監理・コーディネート、臨床検査業のRFIDシステム提案、中堅臨床試験企業、受取カルテRFID管理システム設計・提案等に携わった実績をもつ。
株式会社トスコにてビジネスモデル企画を行い、マイニングパッケージ開発に携わる。また、経営ボードメンバーとして自社人事システム設計に携わる。その他、多数のシステム開発経験を持つ。センチュリーリサーチセンター株式会社(現伊藤忠テクノソリューションズ)においては、棟梁・原子力プラントなどの構造解析を行う。自社製ソルバなどを確認した自動設計システム構築。海外輸入ソフトや自社ソフトの技術営業・技術サポートに従事。
法政大学工学部土木工学科卒業。

トップに戻る

お問い合わせ

NMPA
(旧CFDA)への医療機器承認申請
サポート

詳細はこちら

SSL グローバルサインのサイトシール